Font-size: small medium big

Blog Calendar

サイト内 検索

 


 人気blogランキング(政治)に参加しました、応援お願いします。 人気blogランキング

2012年10月20日

 米国の圧力で原発ゼロの閣議決定を取り止めた動かぬ証拠


 きょう10月20日の東京新聞が一面トップでメガトン級のスクープ
記事を掲載した。

 原発ゼロの閣議決定を野田政権が直前になって止めた背景には、やは
り米国の圧力があったのだ。

 あのとき多くの報道が教えてくれていた。米国の圧力があったと。

 しかしその事をここまで詳しく教えてくれる記事はなかった。

 見事な調査報道記事である。

 東京新聞のスクープ記事の詳細をここで紹介する余裕はない。

 是非とも東京新聞を購入して読んでいただきたい。その価値は十分ある。

 私がここで特に強調しておきたい事は次の諸点だ。

 このスクープ記事でもっとも注目すべき点は、なんといっても米国が
日本国民の反発をおそれているということを証明してくれたところだ。

 すなわち米国は日本に原発ゼロを要求した際に、この事は米国の外圧
と見られないように日本政府関係者に口止めしていたというのだ。

 二つは米国の圧力が、米国の副長官や次官補といった官僚レベルから
藤崎駐米大使や長島首相補佐官に対して伝わり、それがそのままこの国
の政策決定になるという驚くべき従属ぶりである。

 この国には首脳や閣僚レベルの対米交渉などというものは存在しないのだ。

 三番目には日本はみすみす対米交渉における優位性を放棄していると
いうことである。

 なぜ米国は日本の原発ゼロに圧力をかけてきたのか。それは日本が
撤退すれば米国の原子力産業に悪影響をもたらし、世界の原子力の安全
水準を低下させるからだ。

 言い換えれば日本の協力なしではもはや米国も世界も原子力政策を正
しくすすめられないということだ。

 日本はこの優位性を正しく使えば長期的には世界の原子力政策に大き
な影響力を発揮できる。 世界の原子力政策を正しく導くことに貢献できる。

 その優位性をみずから放棄し、米国の都合に従属して間違った方向に
進むことに加担しようとしているのだ。

 これほど残念なことはない・・・

 この続きはきょうの「天木直人のメールマガジン」で書いています。

 その他にも次のテーマで書いています。


 1.アジアへの謝罪をためらう一方で米国には謝罪を繰り返す外務省

 2.キャサリン・ジェーン・フッシャーさんの呼びかけに応えよう

 3. 緊急経済対策のとりまとめを指示した野田首相の悪あがき

 4. 復興予算の流用問題があぶりだしてくれたもの

 5. 突然の最高裁の一票格差違憲状態判決をどうとらえたらいいか

 6. 消費税の税率軽減を要求する大手新聞の厚顔無恥

 7. 昭和天皇とマッカーサー元帥の初会見の裏にあった秘話


 申し込みはこちらから ⇒ http://goo.gl/YMCeC

定期購読申込と同時に当月配信のメルマガ全てがさかのぼって購読できます。

◎2012年 9月配信分テーマ ⇒ http://goo.gl/5bZeJ
◎2012年 8月配信分テーマ ⇒ http://goo.gl/E81By
◎2012年 7月配信分テーマ ⇒ http://goo.gl/hGnWH

それ以前のバックナンバーはこちら
⇒ http://goo.gl/lq86t


Copyright ©2005-2014 www.amakiblog.com
人気blogランキング