真性包茎の治し方

手術だけが解決策じゃない?自宅で真性包茎を矯正した体験談

 

当サイトにご訪問有難うございます。
当サイトは人には相談しづらい男性ならではのお悩みを解決すための情報サイトです。
管理人である私自身も長年真性包茎で悩んだ過去があります。

 

私が真性包茎を克服してから約1年が経ちますが、当時は相談できる人もいなく一人で悩み続けました。
そこで私の体験談がお役に立てるのではないかと思い記事にしました、
この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

 

この記事では真性包茎の治し方についてお話させて頂きます。
手術をしないで、簡単なトレーニングをして自宅で真性包茎を克服した私自身の体験談です。

 

世間一般では真性包茎は手術をしないと治らないという考え方が常識となっていますね、
ですが手術と言われて「ハイそうですか」と簡単に決断できる人はあまりいないと思います。

 

術後の痛みや傷跡について、また医師とは言え他人に見られたり触られたりすることに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。
私もそういった事が心配で真性包茎は何とかしたかったのですが20代の貴重な時間を真性包茎で悩み続けていました。

 

しかし手術をしないで自宅で自力で真性包茎を治すことが出来るのであれば、多くの方が肉体的にも精神的にも少ない負担で真性包茎の悩みを解決する事が出来ると思います。

 

今から真性包茎を自宅で治した具体的方法についてお話しますので10分程お時間を頂ければと思います。
誰でも気軽にチャレンジできる簡単な方法ですので、手術に抵抗があるという方は是非参考にしてみて下さい。

 

剥けない原因はとても単純、真性包茎の唯一の原因とは?

 

そもそも真性包茎の原因はとても単純です。
皮が剥けない原因はペニスの皮、包皮の先端部が狭いことが原因です。
真性包茎の原因はただそれだけです。

 

この皮の先端部のことを専門用語で包皮輪といいます。
この包皮輪は輪ゴムの様な形状をしていますがこの部分が狭いと皮を剥いて亀頭を出すことが出来ません。

 

包皮輪の大きさは生れつきのものですので生れつき包皮輪が狭い人は成長期を迎えるとペニス本体は大きくなりますが包皮輪の大きさは変わりませんので皮が剥けないのです。

 

包皮輪は簡単なトレーニングで広げることが出来る

 

ですが人間の皮膚は負荷をかけることで広がります。
柔軟体操やストレッチで筋や筋肉が柔らかくなるのと同じです。

 

筋肉や筋に比べると人間の体の中で、皮は広がりやすい部分と言えます。
そして包皮輪も皮の一部ですので当然自分で広げることが可能です。

 

包皮輪を広げるための器具「キトー君」

 

キトー君とは包皮輪を広げるための器具で、真性包茎やカントン包茎を自分で治すために阿部さんという方が開発し2004年に日本で販売が開始されました。
現在ではアメリカやイギリスでもGlansie(グランシー) という名前で真性包茎やカントン包茎を矯正する器具として広く普及しています。

 

私はこのキトー君を使って狭い包皮輪を広げ、手術することなく真性包茎を治すことが出来ました。

 

下の写真は私が実際に使用したキトー君です。

 

筆者が実際に使ったキトー君

 

使い方はいたって簡単で、誰でも迷うことなく使うことが出来ると思います。
下の写真はキトー君の公式サイトの画像をキャプチャさせて頂いたものですが、使い方に関しては見ての通りという感じですね、

 

キトー君の使い方を公式サイトより紹介

 

写真の様にして真性包茎の原因である狭い包皮輪を広げていきます。
原因が単純なので、解決方法もシンプルということですね

 

2カ月で真性包茎を卒業できた。

 

この包皮輪を広げるトレーニングを朝と夜の1日2回続けました。
1回のトレーニング時間は私の場合で平均して20分程度です。

 

使い始めて1週間もすると、今まで全く剥けなかったのが、非勃起時だと亀頭が顔を出す様になりました。
と同時にこのトレーニングを続ければ真性包茎を克服できると実感しました。

 

結果として約2カ月の期間で長年悩み続けた真性包茎を卒業、手術をせずに無事に真性包茎を克服することが出来ました。

 

もう手術しかないと思っていましたので、とても嬉しかったです。
と同時にこんなに簡単に真性包茎を治すことができるという事にビックリしました。

 

この方法はメスを入れませんので手術の様な痛みもありませんし、後遺症などのリスクもありません、基本的に自分一人で行うトレーニングですので他人に知られることがないというのもメリットです。
手術というと尻込みしてしまう方でもこの自分で治す方法なら安心してチャレンジ出来ると思いますので真性包茎で悩む多くの方に知って欲しいと思います。

 

キトー君の詳細情報、お申し込みはツルマキさんの運営するキトー君公式サイトよりご確認下さい

 

キトー君の値段や返金保証制度、その他の詳細情報について

 

ここではキトー君の値段や返金保証制度、購入方法などについて詳しくご紹介します。

 

返金保証制度と手術代金保証制度について

 

キトー君を使ってトレーニングをしても効果が感じられなかった場合、器具の代金全額を返金してもらえる保証が付いています。
その際は一度メーカーさんにメールにて連絡し、メーカーさんのアドバイスに従って再度1週間キトー君を使用してもらうとのことでした。
(使用方法に間違いが無かったかを確認するためです)

 

それでも効果が無かった場合メールにて返金請求をすることが出来ます。
キトー君を返送することで指定した銀行口座に器具の代金全額が振り込まれるとのことでした。

 

返金保証を使用した場合は同時に手術代金保障制度が適用されます。
健康保険適用で手術を受けた場合に限り手術費用の負担をしてもらえるアフターサービスです。

 

キトー君の手術代金保証制度の画像

<画像はキトー君公式サイトより転載>

 

返金保証と手術代金保障制度については公式サイトの詳細情報をご確認下さい

 

こうしたアフターサービスがあったので私もキトー君を安心して使う事が出来ました。

 

キトー君の値段について

 

キトー君には通常版であるキトー君STとデラックス版であるキトー君DXの2種類があります。
キトー君DXにはグリップを握った時にクリップを固定するストッパーが付いています。

 

キトー君STの値段

 

上の画像はキトー君STです。
キトー君STの値段は9800円です。

 

キトー君DXの値段

 

上の画像はキトー君DXです。
キトー君DXの値段は12800円です。

 

私はキトー君DXを使いましたが、ストッパーはほとんど使いませんでした。
力加減は自分で調節した方が使いやすいと感じたからです。
この辺は好みの問題かと思います。
個人的には少しでも費用を抑えたいのであればキトー君STで十分だと思います。

 

キトー君の入手方法について

 

キトー君は市販されていませんので通販で購入する形となります。
Amazonや楽天などの通販サイトでも販売されていますが、定価よりも高値で販売されていたりしますしアフターサービスが適用されない場合があります。

 

ですので返金保証などのアフターサービスが確実に受けられるキトー君を手掛ける「ツルマキ」さんの運営する公式サイトから購入するのが一番安心だと思います。
私も公式サイト経由でキトー君を申し込みました。
下記に公式サイトへのリンクを貼っておきますね、

 

メルカリやヤフオクなどにも出品されていることもありますが、中古品の可能性もありますし、衛生的に考えてあまりお勧めできません。

 

質疑応答コーナー

 

その他キトー君についてのよくある質問を自分なりに考えてまとめてみました。

 

自宅に郵送されるキトー君には商品名とかは記載されているの?

自宅に郵送されたキトー君の梱包には「工具」と記載されていました。
「キトー君」や「包茎」といった中身を特定されるワードは一切記載されていません。
ですので勝手に開封されない限り中身は分からないです。

 

もし心配な方は郵便局留めで注文する事も出来ます。
郵便局留めとは指定した自宅近くの郵便局にキトー君が届くシステムです。

 

キトー君での矯正は痛くない?

包皮輪を広げる際の力加減は自分で調節できますので「痛い」と感じた事はありませんでした。
初めて皮が剥けて亀頭が顔を出した時、亀頭はまだ外気に慣れていないので痛みや違和感を感じるかと思います。

 

ですが普段は皮を被せておけば痛みや違和感は感じないです。
少しずつ外気に慣らしていきましょう、すぐに慣れると思います。

 

未成年でも購入出来るの?

手術と違い保護者の同意は必要ありませんのでどなたでも購入する事が出来ます。
中高生でも大丈夫です。

 

矯正期間はどの位掛かるの?

非勃起時も全く亀頭を露出する事が出来なかった私の場合で、完全に真性包茎を克服したと感じたのはキトー君を使い始めてから2ヵ月が経過した頃でした。
使用頻度やペニスの大きさによって個人差はあるかと思いますが、最長でも2ヵ月位の期間を考えておけば問題ないかと思います。

 

ここではキトー君の詳細情報についてお話させて頂きました。
皆さんの参考になれば幸いです。

 

器具を使わずに真性包茎を自分で治すことは出来るのか?

 

むきむき体操という体操があります。
むきむき体操とは男の子が赤ちゃんの頃に両親が子供にしてあげる体操のことです。

 

具体的な方法としては赤ちゃんのペニスの皮を少しずつ剥いてあげて、剥けるようになったら剥いたり戻したりを繰り返し行うという簡単なトレーニング方法です。
剥いたり戻したりを繰り返すことにより包皮輪を広げていく訳です。

 

包皮輪に負荷をかけて広げるという考え方はキトー君と同じですね、

 

それによりまだペニスが成長する前から少しずつ包皮輪を広げて亀頭を出すことを習慣づけます。
そうすることによって子供が思春期になっても包茎で悩まないですみますし、入浴の時に亀頭を直接洗うことが出来るのでペニスを清潔に保つことが出来るということでこの方法を推奨する医師もいらっしゃる様です。

 

思春期以降もむきむき体操は有効なのか?

 

赤ちゃんの頃はまだペニスも小さいので剥ける様になる期間も短いと思います。
ですが思春期以降や大人になってからですと、ペニスも成長して大きくなっています。
非勃起時も全く剥けない真性包茎の状態ですとまず剥いたり戻したりを繰り返し出来る様になるまでかなり時間はかかるかと思います。

 

ですが皮を剥こうすることで包皮輪に負荷はかかりますのでキトー君に比べるとかなり時間はかかるかと思いますがいずれ剥ける様になる可能性はあると思います。
特に入浴時などは包皮も柔らかくなっているので広がり易いですので入浴時や入浴後にチャレンジすると良いかと思います。
少し剥ける様になってからですが、包皮輪が十分広がらないうちに無理に亀頭の根本まで皮を剥いてしまうと元に戻らなくなってしまう場合がありますのでこの点は注意が必要です。

 

私の個人的な感想としてはキトー君を使った方が早いし確実だと思いました。
皮を剥こうと頑張ることで包皮輪に負荷はかかりますが、そもそも亀頭はそんなに硬いものではありませんので包皮輪に掛かる負荷が少ないからです。

 

真性包茎を治す方法は自分で治す方法と手術の2択

 

ここまではキトー君を使って自分で真性包茎を克服する方法やむきむき体操についてお話させて頂きました。
どちらの方法も病院に掛からずに自分で解決する方法ですね、
では病院などの医療機関に掛かった場合はどのような治療法になるのでしょうか?

 

医療機関で真性包茎の治療を受ける場合は治療方法はほぼ手術一択

 

真性包茎の治療を病院で受ける場合は治療方法は手術と考えるのが一般的です。
稀にリンデロンVG軟膏などステロイド軟こうなど処方するお医者さんもいらっしゃる様ですが割合的には手術の方が多いと思います。

 

(注)ステロイド軟こうを使った治療法とは

 

包皮翻転(ほんてん)指導といい、包皮を引っ張って亀頭を露出させる指導を行う治療法です。
その時に包皮の一部にリンデロンVG軟膏などを塗ります。
子供の包茎治療に行われる事が多いようです。

 

術式について

 

医療機関で真性包茎の手術を受ける場合「環状切除術」「背面切開術」のどちらかの術式で手術を受ける事になるかと思います。
比率的にいいますと「環状切除術」で手術を受ける場合が多いと思います。

 

<環状切除術>

 

真性包茎の原因である包皮輪を含める包皮の一部を切除し、亀頭より少し下の部分で縫合します。
健康保険適用で真性包茎の手術をする場合に多く採用されている術式です。

 

<背面切開術>

 

ペニスの包皮に縦にメスを入れる術式です。
包皮輪に縦にメスを入れることにより包皮輪を広げます。
包皮を切除しないのが特徴です。
術後は仮性包茎の状態になることがあります。
言葉を変えると真性包茎の状態から仮性包茎の状態に改善するための手術とも言えます。

 

掛かる費用について

 

真性包茎と診断されると健康保険が適用されます。
保険適用により治療費の3割を負担することとなります。

 

保険適用で治療を受ける場合ですが、医療行為には点数制度が定められています。
ちなみに1点は10円として計算されます。
環状切除術は2040点、背面切開術は740点です。
ですので、

 

環状切除術 2040×10=20400円(掛かる費用の総額)
背面切開術 740×10=7400円(掛かる費用の総額)

 

保険適用により上記の金額の3割負担となるため

 

環状切除術 6120円(自分で負担する金額)
背面切除術 2220円(自分で負担する金額)

 

上記した負担額の他に初診料や通院費、お薬代などの費用が掛かります。
手術と言えども保険が適用されますので掛かる費用の目安は環状切除術で手術を受ける場合で1万円前後と考えて良いでしょう。
また未成年者の場合は保護者の同意が必要となります。

 

美容外科クリニックで手術を受ける場合

 

医療機関との大きな違いは美容外科クリニックで手術を受ける場合は健康保険が適用されないという点です。
そのため医療機関で手術を受ける場合よりも費用が高額になります。
男性機能上の問題だけでなく術後の傷跡が残らない様に配慮するなど見た目の綺麗さなども重視するクリニックが多く、自由診療となるためです。

 

代表的なクリニックとしては「上野クリニック」さんや「ABCクリニック」さん「東京ノーストクリニック」さんなどが業界でも大手のクリニックと言えるかと思います。
インターネットや週刊誌の広告などで目にした方もいらっしゃるかもしれませんね、
基本的に病院などの医療機関はTVや雑誌、インターネットなどに広告を出しませんのでこの点も違いかと思います。

 

術式と費用について

 

医療機関と異なり術式や費用は各クリニックさんによってまちまちです、
クリニックさんによって独自の術式が採用されている場合もあります。

 

上野クリニック ナイロン糸を使用した環状切除術 72,000円

吸収糸を使用した環状切除術10,000円

ABCクリニック 真性包茎Sカット 150,000円
東京ノーストクリニック 環状切除術 70,000円

 

大手3社さんの手術費用を表にしました。
上の表を見て頂ければ美容外科クリニックで手術を受ける場合の費用の相場が分かるかと思います。
また美容外科クリニックで手術を受ける場合も医療機関で手術を受ける場合と同じく未成年者の場合は保護者の同意が必要となります。

 

美容外科クリニックの問題点

 

全てのクリニックではありませんが、一部のクリニックで費用に関するトラブルや術後のトラブルなどが問題となっています。
具体的な内容としては、

 

・即日契約、即日施術を強く迫られた。

 

・安い術式では仕上がりが汚いからと広告に掲載されていた費用より高額な費用が掛かる術式を強引に勧められた。

 

・術後の機能障害などの後遺症のトラブル

 

こういったトラブルの情報が国民生活センターに寄せられていました。

 

<参考元> 国民生活センターのホームページ

 

もちろんすべての美容外科クリニックにこうした問題がある訳ではありません。

 

最後に

 

この記事では真性包茎の治し方についてお話させて頂きました。
私が真性包茎で悩んでいた当時、インターネットで随分と真性包茎について調べましたが真性包茎について詳しく解説しているサイトやブログがなかなか見つかりませんでした。

 

そんな中で偶然キトー君の存在を知り、真性包茎を自分で治すことが出来るという事実を知りました。
もちろん手術を完全に否定する訳ではありません。

 

キトー君を使った方法は手術と比べ時間が掛かるというデメリットも存在します。
しかしながら手術を受ける事にどうしても抵抗があった私はこの方法にチャレンジする事にした訳です。
結果として約2ヵ月の期間で長年悩み続けた真性包茎を卒業する事が出来ました。

 

もしキトー君に出会わなかったらまだ真性包茎で悩み続けていたかもしれません。
私は真性包茎を手術しないで治せるという事は画期的なことだと思います。
そして今現在真性包茎で悩んでいる多くの方に知ってもらいたいと思い私の体験を記事にさせて頂きました。

 

この記事があなたの悩みを解決するヒントとなれば幸いです。
それでは記事を最後まで読んで下さってありがとうございました。

TOPへ